競馬初心者の歩き方

13.クラス分け

競馬初心者の歩き方

競走馬は年齢と収得賞金額によってクラス分けされています。
これはよく使われるピラミッドの図ですが、下からスタートして勝つごとに上がっていくしくみです。

■新馬戦、未勝利戦
  ほとんどの競走馬は2歳から3歳にかけて新馬戦でデビューします。勝てば次の500万円以下のクラスに上がりますが、新馬戦は一度しか出られないので、負けると未勝利戦に向かいます。また調整が合わず、新馬戦に出走しないまま3歳の春を迎えてしまった馬も、同様に未勝利クラスとなります。

■条件戦(500万下、1000万下、1600万下)
  収得賞金額が500万円以下の馬が500万円以下クラスのレースに出走し、勝てば1000万円以下のクラスに昇格、さらに1000万円以下クラスのレースに勝てば1600万円以下(準オープン)クラスに昇格、というしくみです。
  格下挑戦は認められませんが、自信のある馬はスキップして格上のレースに挑戦することが可能です。

■オープン戦
  条件戦をクリアした馬はオープン特別や重賞(GV、GU、GT)に出走できます。レースによって出走頭数には制限がありますから、制限頭数を超える登録がある場合には、基本的に収得賞金の多い馬が優先されます。GTではトライアルレースに上位入賞することで優先出走権利が得られるものもあります。

14.年齢

目次