競馬初心者の歩き方

14.年齢

競馬初心者の歩き方

■2歳戦
  2歳馬限定GTは、朝日杯フューチャリティステークス(牡馬)と阪神ジュベナイルフィリーズ(牝馬)の2レースです。翌年のクラシック路線の前哨戦とも言える重要なレースですが、2歳馬だけに予想は難しいです。

■3歳戦(クラシック)
  サラブレッドの晴れ舞台「クラシックレース」とは、桜花賞・皐月賞・オークス・日本ダービー・菊花賞の5つの3歳限定GTのことです。これらのレースにはトライアルレースが設けられており、優先出走権を賭けて走ります。
  本番のレースに照準を合わせて調整しながら出走権利を獲得し、最高の状態で大舞台に臨み勝利することは、想像以上に至難の業です。しかも競走馬にとってクラシックは一生に一度、3歳のときしか挑戦できません。それゆえ、クラシックを制した馬には惜しみない賞賛と名誉が贈られるのです。

■古馬戦
  条件が3歳以上のものと4歳以上のものがあります。競走馬は6歳以上になると高齢馬と呼ばれ、ほとんどは8歳までに引退しますが、稀に10歳以上の超高齢馬が活躍することがあります。地方では16歳馬が勝ったというニュースもありました。高齢になれば競走能力が落ちてくる、と考えるのが一般的ですが、昨年は8歳のカンパニーがGU1勝、GT2勝という驚きの大活躍で、遅咲き大輪の花を咲かせました。

15.性別

目次