競馬初心者の歩き方

15.性別

競馬初心者の歩き方

競走馬のオスを牡馬(ぼば)、メスを牝馬(ひんば)と呼びます。また、競走が困難なほど気性の荒い牡馬をおとなしくさせる目的で去勢した馬をせん馬(せんば)と呼びます。
かつては牡・せん馬限定戦が行なわれていましたが、現在は全てのレースが牝馬にも開放されています。しかし、種牡馬や繁殖牝馬の価値を高めるための選定競走と位置付けられているクラシックレースなど、馬出走が認められていないレースはあります。

■ 牝馬限定戦
牝馬は一般的に牡馬に比べて体力的に劣ると言われます。とはいえ、先日引退したウォッカのように、牡馬相手の日本ダービーやジャパンカップを勝ってしまう男勝りの女傑もいますが…。しかし、それほどの名牝はそうそう生まれるものではありませんから、牝馬限定のレースが設けられています。
牝馬限定GTには、桜花賞(3歳)、ヴィクトリアマイル、オークス(3歳)、エリザベス女王杯、秋華賞(3歳)、阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳)があります。

参考: 馬の性別

16.距離

目次