競馬初心者の歩き方

17.負担重量(斤量)

競馬初心者の歩き方

騎手の体重、装具や馬具などを含めた、馬が競走の際に背負う重量のことで、「斤量(きんりょう)」とも呼ばれます。
■ 馬齢戦
馬齢重量表に従い、馬の性別と年齢のみで負担重量が決定されるレースです。前走で重賞を勝った馬もやっと条件戦をクリアした馬も、同級生なら負担重量も同じ、というものです。牝馬の場合は、2歳時で1キロ、3歳以上で2キロの減量が認められています。
■ 定量戦
  これも馬の性別・年齢のみで負担重量が決められるレースですが、馬齢重量表を用いる馬齢戦と異なり、競走ごとに負担重量が変わります。前回出走した馬齢戦と今回出走する馬齢戦は同じ負担重量ですが、前回出走した定量戦と、今回出走する定量戦の負担重量は違う、ということです。
■ 別定戦
  馬の年齢・性別による基本重量に、獲得賞金額や過去の成績によって重量がプラスされ、各馬の負担重量が決定するレースです。
■ ハンデ戦
  「全出走馬が横一線に並んでゴールすること」を目指し、負担重量を調節することでハンディキャップを設けるレースです。出走馬の能力差が縮まり、実力馬が負けることも多く、予想が難しい分、高配当が期待できます。
  ハンディキャッパーと呼ばれる人たちが、まずトップハンデ馬(最大重量を背負う馬)を決め、順に出走馬のバランスをとっていきます。負担重量の決定には過去の成績が非常に重要な要素となるため、1年以上レースに出ていない馬には出走資格がありません。

18.コース

目次