競馬初心者の歩き方

38.装蹄師

競馬初心者の歩き方

馬の蹄に蹄鉄を打つ職人で、伸びた蹄を削る「削蹄」も行ないます。また蹄の状態をチェックすることで病気を発見したり、調子を見ることもできる、蹄のエキスパートです。

各々の馬の走り方や蹄の特徴から様々な試行錯誤が行なわれ、競走馬たちの走りを支えます。蹄の削り方ひとつで歩様の調整や脚の曲がりを矯正することもできますが、逆に削蹄が悪いと脚元に負担がかかり、故障の原因になることもあるため、高度な技術と経験を要する仕事です。

装蹄師認定講習会を受講して認定試験に合格後、実際に開業している装蹄師に弟子入りして経験を積むのが一般的です。馬が暴れて危険な目に遭うこともしょっちゅうですし、中腰作業が多く、体力・根気の要る仕事です。しかし、競走馬の脚は騎乗する騎手の命にも関わる重要な部分ですから、馬が無事に力の限りを尽くせる走りができたときの達成感は、何物にも代え難い喜びとなります。

39.トラックマン(TM)

目次