競馬初心者の歩き方

44.引退

競馬初心者の歩き方

引退した競走馬はそれぞれの道に進み、第2の馬生を送ります。
■ 繁殖
  活躍馬や良血馬の場合、牡馬は種牡馬、牝馬なら繁殖牝馬となります。
■ 誘導馬
  パドックから本馬場まで、出走馬を先導する役割を担います。気性が穏やかで、白毛・芦毛・黒鹿毛・尾花栗毛など、見栄えのする毛色の馬が選ばれます。
■ 馬術競技馬
  適正と従順な性格を持つ馬で、牡馬を去勢して競技用に訓練することが多いようです。
■ 研究馬
  JRA競走馬総合研究所で研究用に用いられます。より良い調教方法の考案や、ケガや病気の予防・治療などに必要なデータを取るための被験体となります。
■ 使役馬
  仕事を持つ馬という意味合いですが、現在では主に牡馬が「当て馬」として繁殖牝馬の発情を確認し、促すために、牧場で用いられます。
■ 乗馬
  乗馬クラブや牧場で一般の人々を乗せるので、穏やかで根気強い性格が絶対条件です。牡馬を去勢しセン馬にして用いることが多く、牝馬はあまり向かないようです。
■ 功労馬
  繁殖を引退した牡・牝馬や、活躍馬でありながら繁殖ができないセン馬は、ファンに向けての一般公開や乗馬活動を行ないながら、功労馬として牧場などで繋養され、余生を送ります。

45.パドック・返し馬編

目次