競馬初心者の歩き方

05.サラブレッドとは

競馬初心者の歩き方

小さい頭、細く長い脚、発達した胸や腰の筋肉が特徴的です。速く走ることには向いていますが、神経質でケガもしやすい面があります。

体重のわりに細い脚は「ガラスの脚」と呼ばれ、速過ぎるスピードは骨折などのリスクが高まります。競走中に故障する場合も多く、複雑な骨折の場合は「予後不良」と診断され、すぐに安楽死処分されます。1本の脚の治療が長引くと他の3本の脚に負担がかかり、蹄が腐る蹄葉炎などの病気を発症し、苦しみながら死に至るケースが多いからです。つまり、走るために作られたサラブレッドは、走れなくなったら死んでしまう、というわけです。


どんなに優れた牝馬でも1年に1頭ずつしか産めませんが、種牡馬には1年で100頭以上の仔を出す馬もいますから、有力な種牡馬の血は競走馬体系全体に影響を及ぼします。このことから、競走馬の血統は、主に父系によって系統分けされています。しかし、いくら父系が優秀でも母系が悪ければ優秀な仔は生まれにくいものです。

いわゆる「良血馬」とは、母や兄弟が良績を残している馬のことを言います。

6.アラブ馬

目次